狭い敷地でも明るく開放的な
狭小住宅を実現します

旧城下町で快適に暮らす「町屋スタイル」

 
 
吹抜けの大空間

町屋スタイル狭小住宅

長岡市内の間口の狭い敷地でも快適な空間を提案

旧市街地や城下町などでは、敷地自体が狭かったり、形状が変形したりしている敷地が多く存在します。そんな狭小敷地で在来木造で計画すると、構造の柱や耐力壁が多く必要され、自由なプランニングが困難なケースも多くみかけます。
それを解決する方法のひとつが、柱と梁だけでも強度を発揮することのできる「ラーメン構造」という技術です。これは、主に重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造で取り入れられてきた考え方ですが、木造でもそれを可能とする構法が存在します。それが皐工務店で採用している「SE構法」です。柱と梁を特殊金物によって強固に接合することで、そんな狭小地でも明るく開放的な空間のプランニングを提案することを可能としています。
特に3階建てでは、2階建てよりも更に構造的な強度を必要とします。加えて、1Fにビルトインガレージなどを設置する場合は特に在来木造では難しいのです。苦肉の策として1F部分を鉄筋コンクリートで計画する場合もありますが、できれば全て同じ木造で計画する方が、価格的にも住み心地的にもメリットが大きいことは言うまでもありません。
狭小地でプランニングにお悩みの方はお気軽にご相談してみてください。