耐雪住宅
耐雪住宅の新しい提案

優れた構造技術で雪下ろしをしなくても安心な木の家を実現します

シンプルな外観の耐雪住宅

耐雪住宅の新しい提案

 長岡や十日町のような雪国の暮らしにおけるとても重要なテーマが、冬の雪下ろしという問題です。
一夜で1m以上も積もることもあるこの多雪地域では、その都度雪下ろしをしなければいけません。そのままほっておくと建物に大きな負荷がかかり、建具が開かなくなるというような現象が起こります。最悪の状況だと、建物そのものが構造的に耐えられないということも予想されるのです。しかしながら、雪下ろしの労務も大変ですし、何より家族だけでそれが行えない場合は専門の業者に依頼しなければならず、金銭的な負担もばかになりません。だからこそ「耐雪住宅」「克雪住宅」という考え方が必要になるのです。
そこで、皐工務店が提案するのは、「雪が屋根に乗ったままでも安心」な無落雪型耐雪住宅と、「雪を自然におろしてしまう」落雪型耐雪住宅の二つです。

 
シンプルモダンな無落雪型住宅

【無落雪型木造住宅】

屋根に積雪したままでも安心の木造住宅の提案

皐工務店が提案する「無落雪型耐雪住宅」とは、その名の通り、屋根に雪を乗せたままでも安心して暮らすことのできる住宅のことです。
まず、基本的には屋根をフラットにして雪が落ちないデザインにします。
 そして、そのエリアで想定される積雪の量から積雪荷重を設定して構造計算を行いながら全体の構造計画を決めていくのです。

 これまでの勘と経験が重視されている在来木造では、この積雪の果汁を数値化して計算する手法が不可能であるために、どうしても雪おろしをすることが前提で家の構造が決められていました。
 それが、私たちが採用する「SE構法」によって、全ての数値を計算によって明確にシュミレーションすることで、想定した積雪内においては安心した構造にすることができるのです。
もちろん、ビルトインガレージや3階建てなどもご提案可能です。

 この皐工務店のご提案が雪国の暮らしを大きく変えることも期待しています。

ビルトインガレージのある家