一年中快適な暮らしのために
北海道基準の断熱性能

断熱性能に優れた現場発泡吹き付けウレタンを採用

 
無垢材を採用したダイニング
 

冬の寒さを快適に暮らすために必要な性能

この雪国で快適に暮らすためには、その断熱性能をどこまで高めるかはとても大切な要素となります。
しかしながら、現実的にはその性能にこだわる提案が少ないようで、いまだに性能レベルの低い新築住宅も多いようです。
皐工務店では新潟の雪国の厳しい寒さを快適に暮らしていただくために、性能表示制度での温熱環境等級における最高等級の性能を標準提案しています。
そして、その高い性能を実現するために採用しているのが「アクアフォーム」断熱です。これは、グラスウールのような断熱材をただ壁の間にはめていくような手法ではなく、現場でウレタンフォームを発泡しながら壁の内部にしっかりと施工していく方法です。
よって、現場でのばらつきも少なく、総じて気密性も高くなることで、安心して快適な暮らしが実現できるというわけです。

この皐工務店のご提案が雪国の暮らしを大きく変えることも期待しています。
 

 
現場発泡ウレタン

安定した品質の断熱方法

この「アクアフォーム」は、透湿性が低く水分を通しにくいため、壁体内に結露が起こりにくい性質を持っています。また、ガスではなく水を使うことにより、収縮が少なく長期間にわたって安定した性能を持つことも特徴です。
皐工務店ではこのアクアフォームの正規代理店の資格を持っており、注文住宅やリフォームに関わらず県内でも断熱にこだわる姿勢で取り組んでいます。

【アクアフォーム】
断熱性能に優れたウレタンフォームを現場で発泡する独自の施工手法で、(株)日本アクアが全国の住宅用に販売している断熱工法。
ガスを使う通常の充填断熱と異なり、水を使うことで、ガスが抜けるときの性能の劣化を防ぎ、品質の高い断熱が実現することが特徴です。